子役のオーディションに受かるコツを知る【準備しておくことが大切】

効果的なポーズの取り方

オーディション

主催者の意図を汲み取る

オーディションに参加するためには、写真を送るように言われることが一般的です。どのようなオーディションなのかにもよるのですが、全身写真を求められるケースがほとんどです。そこでさまざまな角度から写真を撮る人がいます。例えば足元から上に向かって撮影をする場合があって、こうすることによって足が長く、そして顔が小さく写るため、スタイルを良く見せられるのです。ただし、この方法は記念撮影や遊びで撮る写真なら問題はありませんが、オーディション用には向いていません。理由は、オーディションの主催者が全身写真を送るように言うのは、全体のバランスを確認したいからです。何頭身なのかだけでなく、手足の長さやウエストの位置といったことです。そのため腕を組んだり、足を交差させて立ったりといったことも避けておきたいです。撮り直しを要求されることもありますが、ほとんどの場合では、オーディションに必要な写真の撮り方も知らない素人だからと、書類選考で落とされてしまいます。できればカメラは正面に構えて、被写体の両手は自然な形で両サイドに垂らし、女性なら足は揃え、男性な肩幅に開くと良いです。動きが欲しいなら、どちらかの足を若干前に出し、両手は体の前で軽く合わせておくなどの工夫をしておきましょう。次に上半身の写真を提出する目的ですが、顔立ちを見たいからという場合が多いため、無理して笑う必要はないです。しかし、黙っていると怒ったような表現になるのが気になるなら、口角を少し持ち上げるようにすれば良いでしょう。

Copyright© 2018 子役のオーディションに受かるコツを知る【準備しておくことが大切】 All Rights Reserved.