子役のオーディションに受かるコツを知る【準備しておくことが大切】

知っておきたいコツ

レッドカーペット

誰にでもできる技

オーディションに送るための写真を撮る際には、いくつかのコツがあるのですが、意外と簡単にできるので試してみると良いでしょう。まずオーディション用として求められるのは、全身を写した写真です。これは頭の先からつま先まで撮ったもので、なぜオーディションを主催している側は、そのような写真を送るように言うのかというと、全体のバランスを見るためです。それなのに腰をかがめたり、足を交差させたりしているものでは判断ができません。できれば背筋を伸ばして、足も揃えるようにしておきたいものです。頭も傾けない方が良いですが、真正面に向くよりも、少し体を斜めにすると写りが良くなります。それからオーディション用の写真は、あくまでも当人が主役ですから、存分にアピールしなければいけないので、背景は無地の方が無難です。着ている服と同じような模様や色のものを置いてしまうと、人物がぼやけてしまうので注意が必要です。バストアップも必須となる写真ですが、こちらを撮影する際の押さえておきたいポイントは表情です。笑顔の方が良いですが、苦手なら無理してやらなくても構いません。不自然な表情になると、それだけ印象が良くないからで、その場合は目力をアピールするなどをしましょう。メイクはあまり濃くなり過ぎないように心がけ、男性もきれいに見せるためなら多少は化粧をしていても良いです。ただし、慣れていないならプロのメイクさんに依頼しましょう。

Copyright© 2018 子役のオーディションに受かるコツを知る【準備しておくことが大切】 All Rights Reserved.