子役のオーディションに受かるコツを知る【準備しておくことが大切】

子どもを役者にしたい

女の子

どうやってなるのか

子役になるためにはいくつかの方法がありますが、子役になるためのルートとしてはオーディションを受ける、芸能事務所に所属する、スカウトされる、キッズモデルをして子役になるといった方法があります。いずれの場合にしてもオーディションを行って、その子どもが子役としての適正があるかを確かめることがほとんどです。そのため子役を目指すのであればオーディション対策をすることが重要になってきます。オーディションの種類としては、芸能事務所に所属するためのものと出演者を探している場合にその役が適正であるかを確かめるものがあります。子役への第一歩としては芸能事務所に所属することですが、才能があれば出演者オーディションからスタートする方法もあります。オーデイションの流れとしては、最初に書類審査を行い、オリエンテーション、カメラテスト、面接を経て実技審査を行うというものです。このため最初に書類審査に通過しなければ次のステップに進むことができません。書類審査で重視されるものはそのオーディションの性質で変わってきます。このため服装もそれらに合わしたものを選ぶことがポイントです。それに事前の準備としては人前でも十分に大きな声を出せることや笑顔を絶やさないといったことなどです。言葉に関しても可能であれば標準語を話せる方が役の幅が広がるメリットがあります。また子役では異なる世代の人たちと共演することも多いため別世代の人とも会話が出来るスキルがあるとオーディションに受かりやすくなります。

Copyright© 2018 子役のオーディションに受かるコツを知る【準備しておくことが大切】 All Rights Reserved.