子役のオーディションに受かるコツを知る【準備しておくことが大切】

レッドカーペット

知っておきたいコツ

オーディションで求められるのが全身写真で、全体のバランスを見るために必要なものです。そのため、頭を傾けたり腰をかがめたりしないようにしましょう。バストアップは表情がポイントですが、無理して笑顔にしなくても構いませんし、メイクも濃くなり過ぎないようにしたいです。

詳しく見る

女の子

子どもを役者にしたい

子役になるためにはいくつかの方法がありますが、いずれにしてもオーディションを受けなければなりません。オーディションといってもそれぞれに内容が異なっており主催者側が求める人材を探すもので、子役オーディションで合格するためにはそれらに合ったものである必要があります。

詳しく見る

女性

専門家を探す

オーディション用の写真はプロのカメラマンに撮影してもらいましょう。そうしないと審査を通過できないことがあるからです。プロで実績のある人なら、審査に通過できるような写真をきちんと撮影してくれます。実績を確認して選びましょう。

詳しく見る

男女

子供向け審査会が人気な訳

子役オーディションが人気なのは、思い出作りや一攫千金を狙ってというパターンも少なくありません。他にも親が子供に夢を託すパターンや子供自身が憧れの芸能人と仕事をすることを目標にがんばるというのもあります。

詳しく見る

オーディション

効果的なポーズの取り方

オーディションに全身写真が必要なのは、スタイルを見たいからです。そのためあまり凝ったポーズで撮らないようにしたいものです。それから上半身の写真については、顔立ちをを見る目的なので、無理して笑わなくても良いです。

詳しく見る

はっきりと答える準備を

男の子

シュミレーションが大切

子役のオーディションは、様々な場所で行われていますし、子役になることを目指して何度もオーディションを受けて頑張っている子もたくさんいます。子役になるにはまず何が大切かと言うと、とにかくまずはきちんと挨拶ができること、きちんと自己紹介ができることが大切です。実際に子役になっている子などは、とても小さい子でもびっくりするくらいハキハキとした声で大人顔負けのような自己紹介ができたりします。きちんと自分のことを伝えるということは非常に大切です。それができるだけで、審査員の方の記憶に残るものとなります。逆に、緊張して小さな声になってしまったり、もじもじしてしまっていると、自分が伝えたいことを伝えられずに終わってしまうので、とにかくまずはきちんとハキハキと伝えることが重要なのです。オーディションはどうしても緊張してしまうものですが、何度もオーディションの雰囲気を掴むためにもシュミレーションをしておくことが大切です。しっかりシュミレーションをすることで、このような質問をされた時はこう答える、などの質問に対する答えの対策をしておくこともできます。やはり、思ってもいなかったことが起きたりしてしまうと、子供はどうしてもかたまってしまったりしてしまうので、様々な質問に答えられるように準備しておくことが大切です。とにかく様々な場面に慣れておくためにも、しっかりと事前準備をしておくと、子供も自信を持ってオーディションに望めます。

Copyright© 2018 子役のオーディションに受かるコツを知る【準備しておくことが大切】 All Rights Reserved.